ひとてまいをヨーグルトに入れた結果

 

ヨーグルトは毎朝のように食べるのでしょっちゅう買う商品のひとつです。スーパーで大きなサイズのヨーグルトを買ってきて、家族みんなで食べています。

 

ヨーグルトにひとてまいを入れて食べてみました。

 

カップ1杯程度のヨーグルトにいれるひとてまいの量はスプーン4分の1程度ですね。よく混ぜ合わせるときれいに溶けてくれます。

 

ヨーグルトの味は変化しないし、見た目も変わらないので食べやすいですね。プレーンヨーグルトでもほんのり甘みがつくみたいです。小さい子供にも抵抗なく食べてもらえます。

 

 

ヨーグルトにひとてまいを入れるとよく溶けて使いやすいので、サラダのドレッシングに使ってもいいと思います。

 

朝はパン派のかたにはおすすめの利用方法ですね。

 

ヨーグルトそのものが健康にいいといわれる食品ですが、そこにひとてまいを入れることでさらに栄養がアップします。特に便秘解消にすごくいいみたいです。

 

ひとてまいには食物繊維が豊富なので、ヨーグルトと両方の効果でお通じがすごくよくなって、毎日すっきりします。

 

飲むヨーグルトに入れてみた

 

 

次は飲むタイプのヨーグルトにひとてまいを入れてみました。

 

飲むヨーグルトのプレーンタイプを購入していたので、コップに注いでさらにひとてまいを加えてみました。コップ1杯の飲むヨーグルトに対して、ひとてまいをスプーン5分の1程度を目安に入れるといいですね。

 

コップのなかでひとてまいが残らないようによく混ぜて溶かすのがポイントになりますね。冷たい飲み物にひとてまいを溶かすときは念入りに混ぜる方がいいみたいです。

 

コップの中に先にひとてまいを入れて、そこに冷たい飲み物を注ぐ方が混ぜ合わせやすくていいと思います。

 

よく溶いておかないと粉のプツプツした感じが残ってしまって、子供に飲ませた時に気になったのか、あんまり飲んでくれなかったことがありました。

 

どちらかというと、通常のヨーグルトのほうが混ぜやすく溶けやすかったと思います。ヨーグルトとひとてまいの組み合わせは美容、健康に良くていいと思います。